SILCAのポンプ

そろそろ自転車に乗るかと整備をし始めると、タイヤの空気がすっかり抜けている。ポンプを取り出したが、スカスカと抵抗が無い。どうやらパッキンが駄目になったようだ。携帯ポンプで空気を入れて、体慣らしに久喜の高橋までサイクリングがてら買いに行くことにする。
ところが、SILCAのポンプパーツは在庫どころか、全く入ってこないという。どおりで検索かけると代用品の自作とかの記事があったはずだと合点する。シクロ高橋によると、パイプが鉄からアルミに変わって、アルミ用のパッキンも1年ぐらいですぐへたってしまうらしい。
収穫は無かったが、今日は暖かく、風も無く本当に気持ち良いサイクリングを楽しめた。GPS計測をしなかったのでおおよそだが40kmを走った計算で、ここ2年ほど走っていなかった割には結構自信がもてた。


東武動物公園近くの「新しい村」にて

帰ってwebをさまようとパナのポンプパッキン(29mm径で1mm大きい)が代用できるらしいので、送料無料で1個100円の所で注文する。
2017/02/22 修正
径が1mmとはいえ、革が硬いので入っていかず、断念して純正品を注文する。(いくつかのnetshopでは今でも扱っています)